MisawaJunya OfficialBlog

勉学心を一生持ち続けよう

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

書店に行くと
必ずと言って良いほど
ビジネス書や自己啓発書が
並べられているコーナーがあります。

それを見て
「誰がこんな本を読むのだろう?」
と思った事はないでしょうか。

実はその読者層のほとんどは
既に大きな成功を収めている人達なのです。

皮肉なことに
ビジネス書や自己啓発書を
本当に読む必要のある多くの人達は
それらの本に見向きもしないのです。
 

その心理としては
「こんな本を読んでも何も変わらないだろう」
という諦観だと思います。

ですが成功者と普通の人との違いは
大抵の場合シンプルなものです。
 

例えば、
多くの人は
幸せの秘訣は上を見ず
現状に満足することだと考えています。
 

一方で成功者は学習と成長こそが
幸せの秘訣だと考えていて
彼らは学校教育を終えた後も
能力開発のために本を読んだり
CDを聞いたりすることを欠かしません。

要するに上を向いているか
いないかだけの違いなのです。

なお、ここで言う能力開発とは
自分の中に眠っている潜在能力を
引き出すことを指します。

人は誰しも自分の力で人生を
切り拓く能力を持っているのです。

それを発掘して活用する努力をしないので
それを十分に発揮することができずに
多くの人が一生を終えてしまいます。

そうならないためにも
1ヶ月に1冊は自己啓発書を読むなどして
勉学心を絶やさず能力開発に励むことが
大切なのです。
 

まずは成功するためのマインドを
自分の中に築くこと専念しましょう。

上向きの心さえ身に付けば
失敗を恐れないようになり
それによって行動力も生まれてきます。
 

実際、成功者は成功する上で
失敗はなくてはならないもの
だということをよく理解しています。

一方で多くの人は
失敗しないために考え込み
時間を費やし一応の安全策が
見えてきたらそこで初めて行動します。

勿論、考え込んでいるうちに
「やはり無理だ」と思い込み
行動を起こさないこともあるでしょう。

ですが考えるよりも先に
まずは行動するべきなのです。

どんなに考えて行動したとしても
失敗するときは失敗しますし
たとえその時は成功したとしても
いつかは失敗を経験することになります。
 

なぜなら失敗して学ぶことで初めて
成功するために必要なだけの
能力が備わるからです。

それだけ失敗から得られる経験値というのは
かけがえのないものであり
大きいものなのです。
 

なので失敗を恐れず
積極的に行動することが
成功する上では必須と言って良いでしょう。

そのための準備として
まずは一生懸命学び
上向きの心を養うことです。
 

学校教育を終えた後も
学ぶべきことは
まだまだたくさんあります。

そのことを肝に銘じ
「人生死ぬまで勉強」の精神で
生きていきましょう。

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*