MisawaJunya OfficialBlog

電話とメール

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

仕事の連絡には
メールが一般的となりましたが
営業の売り込みでは
いまだに電話が多いですよね。

もちろん全ての営業を
電話でしているわけでは
ないと思います。

でもメールは見逃されことが多いので
電話で相手を捕まえて
自分の言いたいことを確実に伝えて
その場で相手の反応も確認する。

という人も多いのでは?
 

あなたも思い当たると思いますが
受ける方は仕事中に勝手な電話が
割り込んでくると正直迷惑な
こともありますよね。

特に知らない相手からの
突然の営業電話が多くなると
当然仕事中は通知が鳴らない設定に
してしまっている人も
多いのではないでしょうか。
 

さらにその電話の後に
届くメールの一節には
必ずと言っていいほど

「メールで失礼します」

と入ってませんか?

メールは失礼で電話は丁寧。

いつの間にかそんな文化が
出来上がっているように思えます。

ですが良く考えてみると
どちらが失礼なんでしょうか。

確かに電話の方がてっとり早い
というメリットがあります。

ただ同時に電話は相手の時間を
とってしまうという
デメリットもあります。

さらに電話は
電話を受ける人がメモを取ったり
相手の言っていることを
ちゃんと聴く集中力が必要になります。
 

滑舌悪い人や電波が悪いと
聞き取りづらくてすごく
イライラして悪い気分に
なりませんか?

反対にメールは
いつ読んでもらえるか分かりませんが
分かりやすいメールを送っておけば
相手の時間を奪わずに
伝えるべきことを伝えられる
メリットがあります。

営業の方は自分の都合で
電話をかけているのに
その電話が相手に聞き取りなどの
負担をかけているとすれば
それは二重の迷惑ですよね。
 

でも電話という手段を
完全に否定しているのではなく
「まずメールしてほしい」
そう思うことも少なくないのでは?

と思うんです。

確かに電話でリアルタイムに
コミュニケーションをとる場合
時給の違う人同士が同じ時間を
共有しなければなりません。

電話にかかる時間を
時給として考えたとき
時給が高い人にとっては
それが「無駄な時間」に
なるかもしれません。

そういったことを意識して
電話をするようにした方が
お互いにいいかもしれません。
 

確かに若いころ
電話を先にして後からメールを送る
と新人教育で教わってきている人も
多いと思います。

メールが苦手…

という人もこれを機にメールで
相手に伝わる文章を書くことを
心がけてみてはどうでしょうか。

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*