MisawaJunya OfficialBlog

自分を成長させるための心得

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

非を認めることと
自分を責めることは大きく異なります。

勿論、非は認めなければならないし
非を認めないことには
進歩・成長はありません。

しかしその後、自分を責めてしまうと
せっかく非を認めたとしても
進歩・成長することはありません。

相手を責めていても自分の成長はありませんが
自分を責めていても自分の成長はありません。

相手を非難していれば
憎しみはいくらか晴れるかもしれませんが
それでは自分の進歩には結び付きません。

相手を責めていれば
悔しいという気持ちは
いくらか晴れるかも知れませんが
その場で気持ちが済むということと
物事が解決するということは大きく異なります。

物事を解決するように行動してこそ
人は成長していきます。

それは、
気持ちの上では辛いことが多いですが
悔しさを抑えて笑顔を作らなければ
ならないこともあります。
 

しかし、
人はそうして大きくなっていくのです。

体に効く薬が時に苦いように
心の成長を促すこともまた
辛い経験なのです。

心理的にその場で楽なことは相手を憎んだり
相手の非を責めたりすることですが
結局の所、それは
心理的に衰退していくことでしかありません。

責任転嫁も自責の念も肉体的に言えば
まさに麻薬みたいなものです。

また、成功者をうらやむことも
自分を成長させません。

なぜなら、成功者を妬んでいる人は
「なぜ彼が成功したのか」
ということにフォーカスすることが
できないからです。

要するに、自分と成功した人の
内面の違いを見ようとしません。
 

例えば、
他人へのプレゼントに
成功した人と失敗した人とを考えてみましょう。

成功した人は
相手が何を欲しがっているのかを
よく理解しています。

そして、
相手が欲しがっているものを
プレゼントすることができます。
 

一方、失敗した人は
自分を良く見せるものを
プレゼントしようとします。

自分のセンスの良さを売り込もうとしたり
お金のあることを誇示しようとしたりします。

ところが失敗した人というのは
押し並べてプレゼントの中身に目を向ける
ということをしません。

包装紙の違いなど
見当外れな所にフォーカスして
しまったりするのです。

そして大抵、プレゼントを
間違えてしまう人は
それ以外の様々な事でも
間違えてしまっていることが多いです。
 

逆に、
相手が何を求めているかをしっかりと
掴めている人は例え初めての人に
出会ったとしても第一印象から
上手く行くのです。

なので、成功者を妬むのではなく
成功者からその成功の原因を盗むつもりで
自分の成長につなげていきましょう。
 

===================

【三澤淳弥 LINE@】
 

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると
LINE@に無料で登録できて、僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。

※ご登録限定プレゼントがあります!

http://line.me/ti/p/%40vyd6670w
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。

@vyd6670w

===================

【三澤淳弥 公式メールマガジン】
 

最高のクオリティの無料公式メールマガジン。
ぜひ、こちらに登録してください。

http://new-rich.biz/official-magazine/

===================

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*