MisawaJunya OfficialBlog

元気でいることの意味と大切さ

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

元気でいるために僕たちは
仕事をし勉強をし食事をしています。

元気でいるのになぜ仕事や勉強をする必要が
あるのでしょうか。

「この人は、人間ができている」とか
「あなたは、人間ができていますね」とか。
 

「おまえは、人間ができていない」とか
「もう少し、人間としてきちんとしなさい」とか。
 

誰でも聞いたり言われたりした経験は
あると思います。

人間ができているできていないという
具体的な内容は何でしょうか。

人間として大事なものはたくさんあると思いますが
その中でも一番にあげたいのは
「元気であること」です。

人間の根本的な要素は「元気」です。
 

「元気」という言葉は日常生活の中で普通に
使われている言葉ですが実は易学の根本的な
熟語です。

普通に使っている「元気」という言葉を
ゆっくりと紐解いてみましょう。
 

「元」という漢字の意味

宇宙的な意味:大きい、普遍的
空間的な意味:もと
時間的な意味:はじめ

全てのもととなりはじめとなる大きいものが
「元」ということになります。
 

「気」という漢字の意味は
エネルギー、力です。

このように紐解くと「元気」であることが
どういうことなのか分かります。

「元気がいいね」と普段の生活で使う意味とは
少し違う気がしませんか。

「元気」はとても大切な人としてどのように
行動するかを示している言葉です。

単純に体調が良いというだけの元気ではなく
ゼロからいろいろなことを創造する力です。
 

何が起きても創造力や活動力を維持
継続する力こそが人間として大切なものです。

この力を持っているというのが「元気がある」
ということになります。
 

本当の意味で「元気がある」というのは
実は難しいことであり大事なことです。

創造力と活動力を維持、継続していくために
僕たちは仕事をし勉強をし食事をします。

つまり。
 

元気でいつづけるために
仕事をし勉強をし食事をしましょう。

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*