MisawaJunya OfficialBlog

心の闇と向き合う

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

人は誰しも生きている以上
何かしらの心の闇を抱えているものです。

そしてほとんどの人は
そんな自分の醜くて汚らしい部分に
見て見ぬ振りをしています。

ですが知っておいてほしいのは
多くの場合周りの人はそれに
気づいているということです。

なぜなら人間というのは
自分を差し置いて他人の粗を
探したがる生き物だからです。
 

しかしだからと言って
心の闇を消し去らなければいけない
ということではありません。

大事なのは
自分の心の闇と向き合う
ということです。

実はこの心の闇にこそ
成長するためのヒントが隠されているのです。
 

例えば、
人を殺したいという強い感情を
持っている人がいるとします。

ですがその場合
人を生かしたいという真逆の感情も
同時に持ち合わせている可能性が高いです。

要するに
人を殺すとか生かすとかいった話ではなく
生命をコントロールしたいという感情が
まず根底にあるということが言えるのです。

そしてそれに気付くことができれば
医者や介護士、消防士などといった
人の命に関わる仕事に従事したい
というプラスの感情が湧いてくるのです。

他にも、いくつか例を
挙げてみましょう。
 

・いつもエリートを妬んでばかりいる人の場合
 

1、まずは、
「自分には他人の能力を妬む強い感情がある」
ということを認識する。

2、次に、
「どうして妬んでしまうのか?」を考えてみる。

3、それは、
「自分が手に入れたいものを既に持っているからだ」
ということに気付く。

4、結果、
「それを手に入れるためには相応の能力を手に入れ
相応の収入を手に入れることが必要」と考え
努力することを決意する。
 

・人を裏切る癖がある人の場合
 

1、まずは、
「自分には人を裏切る癖がある」
ということを認識する。

2、次に、
「どうして裏切ってしまうのか?」を考えてみる。

3、それは、
「相手の期待に応える自信がないからだ」と気づく。

4、結果、
「自分に自信を持つために、一生懸命努力しよう」
ということを決意する。
 

このようにして心の闇は
光に変えることができるのです。

ではそもそもなぜ心の闇というものは
生まれてくるのでしょうか?

その原因は社会的な
抑圧の中にあります。

僕たちは両親や教師から、
 

・人に嘘をついてはいけない

・贅沢をしてはいけない

・お金に執着してはいけない

・人を殺してはいけない
 

などといった抑圧を
受けてきたと思います。
 

勿論いずれも社会で
生きていく上では大切な事です。

ですがそのようにして抑え込まれた
気持ちは発散する行き場のないまま
どんどん溜め込まれていきます。

それがいつしか心の闇となって
僕たちの成長を妨げるのです。

この心の闇と向き合うことなしに
大きな成長はありません。

ですが
自分の心の闇と向き合うということは
精神的にとても辛い作業になるでしょう。

時には思わず
自己嫌悪に陥ってしまうことも
あるかもしれません。

自分の心の闇と向き合った先にあるのは、
自分を大きく成長させることができる
チャレンジです。

そしてこのチャレンジを乗り越えて初めて
自分に打ち勝ったと言うことができるのです。
 

では
そうした心の闇を見つけるためには
どうしたら良いのか?

大きく分けて
次の4つのアプローチがあります。
 

1、自分の感情が激しく
揺さぶられる場面を思い出す。

2、自分が強い恐怖や不安を
抱く場面を思い出す。

3、自分がコントロールできないほどに
激しい欲望に駆られる場面を思い出す。

4、自分が嫌いな人を思い出す。
 

以上の思いだす作業を通じ
その理由を探ってみてください。

そうして導き出されたものこそが
あなたが抱える心の闇です。

それを認識することができたら
その心の闇が存在する理由を考え
それを光に変えていくためには
どうすべきかを考えましょう。

そうすることで
自分が大きく成長するために
今すべきことが明確に見えてきます。
 

自分の心の闇を活かして成長するも
見て見ぬふりをして停滞するも
全てはあなた次第なのです。

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*