MisawaJunya OfficialBlog

3つの壁を越える方法

  • LINEで送る

こんにちは、三澤です。
 

人間の感情を簡単に引き出す方法というのは
存在するのでしょうか。

確かに、
コピーライティングや心理学を学べば
人間の感情を引き出すことは可能だし
多くの人がそれを実証しています。

ですが、なかなか難しいというのが
実際の所です。

そこで今回は、
実用的なムーブメントを起こす方法
について見ていきたいと思います。

そもそも、
人間が価値があると思う時は
感情が動かされた時です。

逆に言えば、
感情が動かされなければ
それがどんなに素晴らしいものであっても
価値を認識してもらえないのが実際の所です。
 

例えば、
ダイヤモンドの指輪は
非常に価値のあるものですが
それに心を動かされない人にとっては
魅力的でないものになります。

つまり、
人が何かに価値を感じるプロセスとしては
理屈よりもまずは感情が
先であるということです。

なので、
商品の魅力を説明すれば理解してもらえる
と思うのは間違いです。

説明が必要になるのは
あくまでも感情が動いた後の話になります。
 

そして人間の心には
読まない・信じない・行動しないという
3つの壁があります。

この壁のうち、最も分厚くて高いのが、
「読まない」の壁です。

まずは大前提として
他人は自分が書いたものや作ったものなど
見たくもないし、知りたくもないと思っている
ということを肝に銘じておきましょう。
 

そして重要となのは、見出しです。

まずはここで相手の気を惹くことが肝心です。

そこで、
見出しには次の6つの属性のいずれかを
入れましょう。
 

1、便益性

2、話題性

3、意外性

4、物語性

5、ニュース性

6、秘匿性
 

人間の興味の対象というのは
結局の所、どこまでいっても
自分の主観でしかありません。

世界平和への興味も
芸能人の不倫への興味も
同じ原理により湧き起こるものなのです。

勿論、何に興味があるかというのは
その人のステージにもよりますが
多くの人は大衆的であり、俗世的なので
興味の対象は主に、
次のように大別することができます。
 

・お金の話

・権力の話

・男女関係の話

・健康の話

・反社会的な話

・テクノロジーの話

・トリビアの話

・スピリチュアルの話

・危険の話

・幸福の話

・不幸の話

・もしもの話

・etc
 

こういった、
人々にとって興味のある話題を
6つの属性の切り口で言葉にしていくことで
興味をひきやすいヘッドラインを
作ることができます。
 

興味

納得

信用

行動
 

こうした流れによって
3つの壁というのは
自然に打ち崩されていくのです。
 

===================

【三澤淳弥 LINE@】
 

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると
LINE@に無料で登録できて、僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。

※ご登録限定プレゼントがあります!

http://line.me/ti/p/%40vyd6670w

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。

@vyd6670w

===================

【三澤淳弥 公式メールマガジン】
 

最高のクオリティの無料公式メールマガジン。
ぜひ、こちらに登録してください。

http://new-rich.biz/official-magazine/

===================

  • LINEで送る

mailmaga

コメントを残す

*